誰でも罹る可能性のある精神疾患なので、早めに医療機関を受診しましょう

うつ状態が病気なのか知る

ハートと聴診器

うつ状態に苦しむのなら個人で確かめよう

精神科や心療内科で診察を受けるきっかけとなるのが、うつ病がどうか自己判断ができるチェックリストです。もちろん、きちんとした診断が行えるわけではないため、どのような結果がでたとしても、参考程度に考えなければいけません。しかし、医療施設を訪れる踏ん切りがつかないのなら、自宅で使えるチェックリストを利用してみる価値はあるでしょう。ただし、うつ病かどうかを確かめられるチェックリストには、2種類あり、どちらを利用するかで信頼性が異なるので気をつけなければいけません。まず、個人が運営するホームページに掲載されているチュックリストがありますが、信頼性は高いとはいえないでしょう。ドクターではなく、素人が考えたものならば、医学的根拠はまったくありません。もしも、信頼性を重視するのなら、医療機関が運営するホームページに載っているチェックリストのみ利用しましょう。そちらならば、医学的根拠のもとで、作られているため、うつ病かどうかの判断に活用できます。ちなみに個人のホームページにも医学的根拠があるチェックリストが載っている場合もあります。しかし、それらの多くはどこかの書籍や医療期間のホームページの情報を借りてきた場合が多いです。そちらを利用するのなら、初めから医療機関が取り扱っているものを使って、うつ病かどうかを確かめたほうがよいでしょう。なお、うつ病の疑いが濃厚ならば、近場の精神科や心療内科に診察の予約をする必要があります。放っておいても治る病気ではないので、早めにメンタル系の医療機関で診てもらいましょう。

自身をうつ病だと考えている方の中には、定期的に気分がよくなって、『病気ではない』と感じる場合もあるでしょう。それは、もしかすると双極性障害という病気かもしれません。そのため、気分が悪いときとよいときの差が激しいのなら、うつ病のチェックだけではなく、ついでに双極性障害のほうもやってみることをおすすめします。双極性障害というメンタル系の病気も、うつ病と同じような症状がでるので、チェックリストで確認したほうが安心できます。インターネットで探してみれば、双極性障害のチェックリストも簡単に見つかるので試してみましょう。なお、チェックリストなどやらなくても、精神科や心療内科のドクターならば、見抜けるのではないかと考える方もいるはずです。しかし、双極性障害のうつの症状もうつ病とほとんど同じなので、見抜くことは難しいといわれています。もちろん、気分が高揚している躁状態に診察を受ければ、適切な診断をしてくれるでしょう。ところが、躁状態のときは、自身を病気とは思えなくなっているため、精神科や心療内科を訪れようという考えが頭からすっぽりと抜け落ちてしまいます。そのため、気分が落ち込んでいるうつ状態のときだけ、ドクターに診てもらうので、うつ病と診断されてしまうのです。双極性障害には適切な治療方法があるため、正しい診断をしてもらうためにも、両方のチェックリストを試してみましょう。もしも、双極性障害の疑いもあるとでたのなら、診察のときにドクターに躁状態もあることをしっかりと伝えなければいけません。