誰でも罹る可能性のある精神疾患なので、早めに医療機関を受診しましょう

お子様も罹る可能性がある

医者と看護師

家族がなるべく付き添ってあげたい

うつ病に罹ると、集中力や気力が減退して、成績が落ちたり、仕事や家事でミスが増えるようになります。明るく社交的な性格だったのに、人と話をしたり、電話をしたりするのを避けることもあります。同居している家族に変化が見られる時は、精神科や心療内科を受診して、問診などのうつチェックを受けることが大事です。インターネットのWEB上でも、うつチェックが受けられるので、チェックシートを医療機関に持参するのもお勧めです。うつ病は憂鬱な気分が長く続いたり、情緒が不安定になったりすることもあります。大人だけでなく、お子様や高齢者も罹る可能性があるので、家族の変化を見逃さないことが大事です。小学生や中学生のお子様は、不登校になったり、体重の増加や減少などが見られることがあります。お子様の場合は、大人とは違って言葉で心身の不調を伝えるのは苦手です。子供は病識が乏しいことが多いので、お子様の変化に気付いたら、担任の先生に相談をしたり、医療機関を受診させることが大事です。精神科や心療内科のクリニックは、信頼できる医療スタッフが担当してくれるので、日常で困っていることや悩みを相談しやすいです。問診やカウンセリングを行い、いくつかの項目が当てはまっている場合は病気が診断されます。うつ病は早期に発見が出来ると、休職や休学の必要はなく、通院で治療を受けることが出来ます。精神科や心療内科は敷居が高いイメージがありますが、心の病気の人が治療に専念できる環境が整っています。一人一人の症状や体調に応じた内服薬を処方してくれるので、しばらくは続けることが大事です。

仮面うつ病は、精神症状は比較的軽く、胃のもたれや下痢や便秘を繰り返す、頭痛や肩こりなどの身体の不調が強く見られます。内科や胃腸科を受診しても、特に異常が見られないこともあります。精密検査を受けたけれど、体に異常が見られない場合は、うつ病に罹っている可能性があります。女性は月経周期のサイクルがあるので、ホルモンバランスが崩れやすく、精神的にイライラしたり、家族に当たることもあります。体の不調が長く続く時は、うつ病に罹っている可能性があるので、心療内科や精神科でうつチェックを受けることが大事です。自分でうつチェックをして、チェックシートを持参すると、診断が付きやすくなります。自分では自覚していない症状もあるので、なるべく家族に付き添ってもらうことが大事です。仮お子様の場合は、医師に症状を伝えるのが苦手なので、親御さんが必ず付き添ってあげることが大事です。いじめや家庭不和などの要因があると、うつ病を発症する可能性があります。両親の離婚などで、大きく環境が変わったお子様には、なるべく話を聞いてあげる時間を持つことも大事です。12歳を過ぎて、思春期の年代に入るとうつ病に罹るリスクが高まります。リストカットや爪噛みなどの自傷行為が見られる場合は、早めに医療機関を受診させることが大事です。信頼できる医療機関を選ぶと、デリケートな悩みを相談しやすいです。内服薬の治療を続けることはもちろんですが、精神療法や行動療法なども大変有効です。一人一人症状が違っていますし、回復のスピードも違うので、あせらずに治療を続けることが大事です。

いつまでも元気でいるため

悩む男性 うつ病のチェックをしっかりと行うことは、従業員の休職や離職を防ぐ大切な一歩です。誰もがストレスのない社会で生活をしたいと考えています。できるだけストレスがない環境を実現するためにも定期的なセルフチェックは重要といえます。

詳しく見る

精神病の特徴と対策

医者 うつ病予防のために、うつのセルフチェックツールなどを利用するのがおすすめです。簡単な項目に答えるだけで、うつであるかを判断してくれます。早期治療が大事な病気ですので、うつと判断されたら結果を持ってすぐに病院へ行くようにしましょう。

詳しく見る

うつ状態が病気なのか知る

ハートと聴診器 精神科や心療内科を訪れるきっかけが欲しいのなら、チェックリストを使った自己診断が役に立ってくれます。ただし、うつ病ではなく双極性障害の場合もあるので、そちらのチェックリストも活用して、正しい状態をドクターに伝えられるようにしておきましょう。

詳しく見る